天才の頭の中: ビル・ゲイツを解読する|amustall Blog

天才の頭の中: ビル・ゲイツを解読する

Windowsの生みの親

ドラマではないですが、海外ドラマ枠で紹介させていただきます。この話の主人公は タイトルの通り、ビル・ゲイツ。恐らく世界一有名な起業家なのではないでしょうか? 今でこそ、世界一の富豪はAmazon率いる、ジェフ・ベゾスですが、それまでは多分10年位ずっと一位は、 この人、ビル・ゲイツでした。その資産は10兆円にも上り、ちらっとネットで見た限り2012年の アラブ首長国連邦の国家予算位あります。それを個人で持っているのです。まぁもちろん、資産と いっても、マイクロソフト株も含まれているはずなので、全部を一気に現金化はできないと思いますが。。 そして、この天才様が何をしてこんなに、お金持ちになったのかと言うと、端的にいうと windowsを造ったからでしょう。今でこそ、appleのマックがiphoneとともに復活を遂げてますが、 それこそ、windows95がでた1995年以降のパソコンのOSに関しては、完全にwindowsの独占状態でした。 95と98で70%以上は占めていたんではないでしょうか?世界のパソコンの70%以上がマイクロソフトのOSで、 動いていたのです、しかも、その頃はまだ、iphoneもアンドロイドもないので、正に無敵状態でした。 僕も、世界の経営者には詳しくないですし、知っているのは、他にはスティーブ・ジョブスとか、松下幸之助様とか、 最近ならイーロン・マスクとか有名人しかしりませんが、当時から、ビル・ゲイツの名前はよく聞いた 事があったので、みなさんも知っている、超絶有名起業家ですね。

その功績

microfostのlogoの画像

pixabayより使用

ビル・ゲイツがwindows95でやった事は非常に画期的でした。それまではパソコンは基本的にコマンドラインで動かしていました。 自分の記憶ではMS-DOSの頃ですね。あの黒い画面に謎のコードをマニアが打ち込んでいるってのが、当時のコンピューターの イメージと思いますし、何より使い方が難しい、僕は比較的コンピューターには慣れている方であると思いますが、 全然コマンドラインには慣れません、もちろんコマンドラインからやった方が、圧倒的に早い場合もありますが、 普通にパソコン使うなら、GUIの方が圧倒的に使いやすいです。そうです、windowsはコマンドライン主流であった、 パソコン画面を、GUI(Graphical User Interface)に変えてくれたのです。コマンドラインではただの、 コピペするのも大変、それが、もう誰でも簡単に、しかも結果も一目瞭然、圧倒的に使いやすくなり、パソコンが 一部のマニアの物でなく、誰しもが使用できるものに、進化したのです。しかも、windowsには、exelword等 もはや生活に欠かせない位便利なソフトが入っていたので、もうこれなしでは仕事できない状態です。ってか今でも、 多くの職場がwindowsに依存していると思います。僕もosはずっと、windowsですし、コードを書くのもVisual Studio Codeです。 いかにビル・ゲイツが偉大かわかります。まぁいずれ書くかもしれないですが、今はブラウザはさすがにChromeですけどね。

Microsoftの後

Microsoftにいた間のビル・ゲイツの事はよくニュースに流れていたので、聞いていたのですが、 Microsoftの一線から引いた後の事は全くしりませんでした。。この作品を見るまでは。 この作品は全部で3パート、3時間位です。すぐに見れます。ビルがMicrosoftから離れた後は、 慈善財団を設立した事は知っていたけど、実際は何をしているのかは、全く知らなかった。 空前のお金持ちなので、片手間で財団をして、後は遊んで暮らしているのだと勝手に思っていた。 しかし、実際は、全く違った。思っていた事の1000倍位すごかった。まじで。。

トイレ

ビルは、この作品で3つの事に現在取り組んでいる事を明かしてくれます。一つ目がトイレ問題。 きっかけは、発展途上国ではいまだに多くの子供が、たかが「下痢」で命を落としているということを、 知ったこと。もちろん大問題ですが、僕も含めて、多くの人が大変だと分かっていても、聞き流してしまう ニュースでしょう。ですが、この人は違います。実際に行動にでます。まずはなんで下痢が多いのか、 原因を調査します。すると、どうやら原因はトイレにあることがわかります。現地では下水が発達してないので、 汚物の処理を近くの川に捨てます。その川は生活用水です、すぐ下流で子供たちが水遊びをしています。 信じられない光景です。そして、これを改善するために、ビルは現地で持続可能、つまり 現地では電気が通ってないので、電気無しで使用できる、衛生的なトイレを造りに挑戦していきます。

ポリオ撲滅

2つ目も難しい問題です。それはポリオです。この病気は先進国ではもう見ることはありませんが、 途上国ではまだ撲滅出来ていません。このポリオは小児期にかかると、小児麻痺となって、その後 重大な後遺症を残してしまう、恐ろしい病気です。このポリオの撲滅のためにビルは数千億円を、 つぎ込みます!!数千万ではないです、数千です!!しかも、お金だけではなく、ポリオ撲滅のためのワクチン接種に反対する、現地の 宗教指導者を、現地まで乗り込んで説得するのです。アメリカではもう発生しない病気のためにです。 なんというか、偉人ってのは、本当に偉人なんですね。凄すぎる、3つ目も非常に興味深い内容ですので、 是非ご自身の目で確かめてください。

天才の頭野中

この作品では、もちろん天才、ビル・ゲイツの頭の中を垣間見れる魅力もあります、 社員の車のナンバーを全て暗記しており、どの社員がいつ来て、いつ帰ったか把握していたとか、 勉強家でつねに読書をしており、一回読んだ読んだ本の9割は暗記ているとなど、そういった逸話も とても面白いですが、もう間違い無く人生死ぬほど豪遊しても、100回は余裕で繰り返せる程の、 成功を納めているのにもかかわらず、未だに解決困難な問題に、全身全霊、真剣に挑んでいる事にとても 感銘を受けましたし、また純粋に社会勉強にもなります。全部3時間で気軽に見れる割には、非常に 有用な情報を得られると思います。是非見てみてください。

ブログ一覧へ戻る
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加